スタッフ紹介

前田 秀一郎


家族構成 妻、一男一女
趣味 日光浴
その他

座右の銘:なんくるないさ〜

得意エリア:城東エリア全域

資格:損害保険募集人・宅地建物取引士

スタッフ目線の契約体験記

住宅を探し始めてからご契約・お引渡しを完了するまでの間、お客様によってそれぞれ異なるストーリーがあります。
また、お付き合いをさせていただいている間にさまざまな人間模様が垣間見えます。
私がこの仕事を長く続けられているのもそれらのシーンに立ち会い、お引渡しを終えた時にお礼の言葉をいただいた時など、仕事以外の部分で幸せを感じられるからだと思います。

思い出に残る契約については多数ありますが、その中でも葛飾区在住のお客様は非常にドラマチックでした。
4人家族で2人のお子様は既に成人しており、当時店舗兼用住宅に住んでおりました。
正直当時のお住まいは大人4名では少し狭いように感じましたが、最近では珍しいほど仲の良いご家族でした。

ご商売を廃業するとの事で、ローンや資金計画は非常に厳しいものがありましたし、お客様自身も当初は家が買えるとは夢にも思っていなかったようでした。

初めて購入物件をご覧いただいた時の感動、またローンが否認された時の落胆、承認が取れた時のご家族全員の喜び様、決済日の不安げな様子(奥様から本当に住めるのかなど何度も聞かれましたし)など今思い出してもドラマの様で印象に残っております。

あちゃ〜…ルーキー時代の失敗体験談

数年前中古マンションをご契約いただいた時のことです。

契約やローンの手続きなどは何の問題もなく進んでいきましたが、お引渡し当日に事件が起きました。

まだ若いお客様で、親御様から資金の援助が出る予定でしたので、お引渡し日の数日前にご用意いただくお手元の資金の流れを確認しました。
お引渡し当日はご両親もご同席いただき、そこでご両親の口座から資金を出していただけるとの事でした。
また、ご両親の口座が住宅ローンを借りる予定の銀行であり、定期預金として口座に入っていたため解約の手続きが必要でしたが、銀行に確認したところお引渡し当日に定期預金を解約すれば問題ないという事でした。

私もその言葉を鵜呑みにしお引渡しを迎えました・・・。
しかし、当日、銀行で定期の解約が出来ないと言われてしまいました。
当時の銀行合併によるシステム統合が完了しておらず、別の支店でないと定期預金の解約が出来ないとの事でした。
運悪く午後の決済だったため、時間だけが過ぎてしまい・・・。売主の仲介業者様からお叱りを受けながら銀行に交渉し続けたこと、その支店の担当者の方に定期預金が解約できる近隣の支店へ移動してお引渡しを行えるように手配をしていただいたことなど、忘れることができません。

なんとかギリギリでお引渡しを完了しましたが、その後お引渡しに立ち会った関係者全員にお詫びしまくったのは言うまでもありません・・・。

”東京M(未公開)不動産 公式サイト”をご覧のみなさまへ

人生において最も高価な買い物「不動産」。
楽しみや期待よりも不安や疑問の方が強くないでしょうか?
失敗したらどうしよう、騙されたらどうしようなど疑心暗鬼に陥ることもあるかと思います。
私共は「プロの仲介」を行いお客様のお役に立って初めて報酬をいただける仕事です。
上記のような経験をした事があるお客様はぜひ一度弊社へお問い合わせを下さいませ。
私は人と人との出会いを大切にしております。
一緒にゆっくりと一つずつ解決していきましょう。